橋本発言

昨日、自衛隊式典で、大阪の橋本知事が、、「自衛隊は命をかけて国を守っている。口ばかりで人の悪口ばかり言っている朝日新聞のような大人が増えれば、日本はだめになる」と発言したそうだ。
またしても、問題発言。
「口ばかりで人の悪口ばかり言っている大人が増えれば」でいいではないか。どうして、そこで「朝日新聞」という固有名詞を出すのか?
自分のことを書かれた腹いせと思われても仕方がない。自分は、「公人」であり、常にマスコミが見ているのだから、発言に気を付けなければという心構えを持ってほしい。
特定の社名を出せば、当然次の日のマスコミはそれを報道する。マスコミに注目されたいのか?
今朝の「おはようコール」で、「橋本さんは、マスコミが騒ぐのをわかって発言しとる!」ともおっしゃっていましたが・・・。
な~んか、やだなあ。

世の中には言ってはいけない言葉っていうものがあって、それに気を付けて発言しなければならない場というのもあって…、様々なことをよく考えて発言してほしい。
思ったことを素直に口にする・・・、そんなことも必要なときもある。しかし、あくまで、「時と場合による」のだ。

ある意味、橋本発言はいつも、爆弾であったりする。
それがよいときもある。
それでも、今回の発言は・・・だ。
結局、多角的に物事をとらえ、広い視野で物事を考える姿勢が身についていないからこそ、問題発言をしてしまうのではないか?
そんな人が、大阪府政を(今PCで「おおさかふせい」を変換したら「大阪不正」とでたのもおもしろい)引っ張っていけるのか?
橋本さんの新しい視点での不正…いや、府政に期待していたが、がっかりだ。

和歌山県知事はこんな発言をする人でないことを願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック