「トライアングル」読破

風邪なんだか、アレルギーなんだか、咳だけがわずかに残る・・・。
仕事の疲れと眠気と、そして咳のため、しばらくPCに向かわなかったが、やっと休日・・・ということで、ブログ作成。

テレビのドラマを毎週見ていて、結末が気になり、ついに買ってしまった、「トライアングル」。
早く読まなければと思いつつも、読み始めると、眠気が襲ってきて・・・。
その眠気と闘いつつも、今日やっと読破。
ドラマと違い、原作の方には、稲垣吾郎も、北大路欣也も出てこないが・・・。
ドラマの方では、意味深な動きをする北大路欣也。
もしかして、これは原作の最後で別の人物で出てくる・・・・?
そんなことを思いながら・・・。
原作では、葛城佐智恵の担任の先生が、ストーリー展開に関わってるけれど、ドラマでは、全く出てこない。
少々の違いはあるが、途中の事件の解決の仕方はドラマと原作は同じ。
最後の犯人は・・・?
原作を読む限り、犯人は、あの人かな?
画像


久々に一気に読んだ作品だった。
途中までは、ドラマとよく似た展開だったからかもしれない。
ドラマはこの先どうなるのか?
原作ではそれほど描かれなかった上海が次回は出てくるようだ。
結末は同じ終わり方なのだろうか?

「流星の絆」は、「トライアングル」に比べると、原作にドラマは忠実だった。
「チーム・バチスタの栄光」は途中から原作に書き加えられたところが多かったドラマだった。
この「トライアングル」はどうなるか?
関西テレビ50周年記念ドラマなんだから、ストーリー展開、期待してます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック