日体大の事件

日体大の陸上競技部員が大麻がらみで事件を起こした。
そのために、寮を捜索したところ、偽札(?)が出てきたという。
そのせいで、陸上競技部は、三段跳びおよび棒高跳びブロックは無期限の活動停止。
他のブロックも三ヶ月だったか期限付きの活動停止。
一人二人の不届き者のせいで、クラブ全体が連帯責任を負う。
知っていたのに止められなかったか?…その思いが重い処分へとつながる?
これから陸上競技は活発に行われるシーズン。
数々の試合も予定されている。
その目前の活動停止。
部員たちも相当なショックであろう。
ましてや、「日本体育大学」だ。
体育の教師を目指して、これから教育実習に全国へと散らばっていこうとしているときに、こんな不祥事。
陸上競技部員のみならず、大学生たちはつらいはずだ。
大麻に頼らなければならないほど、心が弱っていたのか?
競技人としてその弱さを耐えることは出来なかったか?
日体大の陸上競技部といえば、大所帯のはず。
その中で、しのぎを削りながら競技を続けていくのは大変なことだろうし、スランプだってきっとそれぞれが抱える悩みであっただろう。
大麻に関わった学生はもちろん退学処分となったが、この大学に入学するためにしてきた努力もかなりのものであったはず。
それも、すべて無駄になった。
そして、たくさんの仲間たちに大きな迷惑もかけた。
わびてもわびきれるものではないだろう。

せっかく今年の正月に3位に入って手に入れた箱根駅伝のシード権も失ってしまった。
長距離ブロックの深い悲しみ、ショック・・・、想像を遙かに超えたものだろう。
大所帯の陸上部なだけに、それぞれのブロックで何が起こっているか、ほとんどわからなかっただろう。
そんな中で突然申し渡された今回の処分。
この前の箱根駅伝に知り合いが出ていたので、来年もと期待していただけにこちらのショックも大きい。
が、このショックを乗り越え、さらなる飛躍を期待する。
こんな事でふてくされることなく、次に出る試合には、「さすが日体大」といわれる記録を残して欲しい。
きっと箱根駅伝予選会でも、トップの成績で通ってくれるはずだし、通らなければならないはず。

がんばれ!!
日本体育大学陸上競技部!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック