GOEMON

「GOEMON」…映画で見たかったのだが、行く暇もなく、結局DVDレンタルで。
主人公は、言わずと知れた石川五右衛門。
この映画のおもしろいのは、時代設定は、戦国時代なのに、誰一人、時代劇のヘアスタイルではない。
現代の役者そのまま。
服装はその時代の設定に近いが、現代風でもある。
CGを駆使し、多彩な場面展開もおもしろかった。
ストーリーに関しても、史実を盛り込みながら、独自の解釈。
歴史好きには、受け入れられない部分も多いだろうが、こういう歴史もありだと思う。
私としては、特におもしろかったのが、五右衛門の有名なセリフ、「絶景かな、絶景かな。」。
このセリフがどうやって生まれたか。
こういう解釈もあったかと思わせる展開。
ただのアクション時代劇だから、気楽に見ようとレンタルしてきた。
が、予想外に、ぐいぐい引き込まれていった。
いろんなところに「オチ」というか、新たな解釈があり、猿飛佐助の起用の仕方もいい。
感動…というか、ジーンときたというよりも、単純に「おもしろかった」と言える映画だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック