大学院

友人は、今年から大学院生。
今までの職場とは全く違った生活に入っている。
まだまだ慣れないようで、話の中に大変さがひしひしと伝わってくる。

かつて私も、大学院生だった。
友人と同じく、一時期職を離れての学生生活。
ちょっと職場から離れたいという気持ちもあっての選択だった。
が、思うようにはいかないもの。
新しい生活は、慣れないことばかりの上、達成感をほとんど感じられないことばかりの毎日。
何をしていいのか右往左往の毎日だった。
研究というのは、これといった正しい道が一本あるのではなく、
いろんな道があって、たぶんここが目的地だろうと自分が思うところに向かって進んでいくしかない。
目的地にようやく着いたと思っても、それが望んだ目的地だったかどうか、はっきりとした実感がないときもある。
それでも、とりあえず進むしかない。
なかなか達成感がない。
不安なまま、演習に臨んで、結局目的地でなかったり、進んだ道そのものが間違っていたり・・・の繰り返し。
だから、今の友人の苦悩はとてもよくわかる。

専攻内容は全く違うので、相談に乗ることもできないが、
その中で友人は大健闘している。
自ら高い学費を出して自己投資しているのだから、それだけの成果を上げて欲しい。
私はどうだったか?
少しはものの見方考え方は変わった。
それまでの仕事の取り組み方とは、違ったものになったと思う。
その中で得た人間関係も今に生きている。
ただ、その後についてくる仕事も・・・。
小さい仕事から大きい仕事まで、いろいろあったが、友人の場合はどうなるか?
が、そんあことはまだ友人には考える余裕はないはず。
とりあえず、「道」を探し出し、進むだけ。

もう一度あの頃に戻って、研究生活にどっぷりつかってみたい気もするが、
それだけの気力と体力があるかどうか・・・。
今はただ、友人を応援したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック