送る言葉

贈る言葉…こう言う方がポピュラーだろうが・・・。
今回は、「送る言葉」。
そう、見送る言葉。

遠縁の方が亡くなった。
母がその葬儀に行っていただいてきた祖供養。
ただし、そこは神式なので、「祖供養」というのかどうか…???
その挨拶状がとても気に入った。
「感謝」と題されていて、「長い間お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。」と亡き人に宛てた言葉で始まる。
いろいろな思い出が語られ、最近あった出来事、そして「向こうで先に待っている母の元へと旅立ちました・・・。」と続く娘の言葉で語られている。
今までこんな挨拶状に出会ったことがなかった。
もしかしたら、そこの葬儀場の新しいサービスなのかもしれない。
文面も、本人が実際に考えたものではなく、家族にインタビューして、業者がまとめたのかもしれない。
しかし、心暖まる感じがした。
永遠のお別れ・・・。
それは悲しいものではある。
だが、この言葉で、その亡き人の人となりもよくわかったし、ホッとできるものであった。
型にはまった文面では、読む気にもならない。
けれども、何度も何度も読み返した。

短時間でまとめ上げられた文面ではあるが、心に残る文面であった。
自分もこんな文面で…。
まだチト早いかなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック