映画「RAILWAY」

DVDで「RAILWAY」を見た。
なかなか内容よし。
一流企業のエリートが、友人の突然死、母親の病気をきっかけに、
自分の小さいころからの夢を叶えようと故郷に帰って、
50歳を目前に職を変える。
小さな電鉄会社に就職し、電車の運転手になり、
いろんなことが起こる。
その中で、主人公はいつも誠実で、その誠実さ故に会社に迷惑をかける。
が、その誠実さ故に最大の危機を回避できた。
そして、母親の死。
職を変えたために起こった、夫婦別居。
その答えは・・・。
「ちゃんと終点まで乗っていってくれよな。」
主人公が運転する電車に、初めて乗った妻に主人公が語りかけた言葉が印象的だった。

私の小さいころの夢って何だっただろう?
その夢は叶えられたか?
よく、「夢は叶わないから夢」とよく言われる。
目標は実現できるように努力しなければならないとは言われるが・・・。
今就いている職業はなりたかった職業?
ん~よくわからない。
大学ではやりたかったことをした?
ん~よくわからない。
ただ、大学院では、勉強したなという感じはあったが。
でも、大学での勉学も、大学院での勉学も、それほど苦になったことはないから、
きっとやりたかったことだったはず。
今から職業を変える?
私にはできない。
そんな勇気もない。
きっと今の職業がなりたかった職業のはず。
そのために、一年は正式採用もできなかった。
臨時職員のまま。
この職の方向転換も考えられない。
このまま、このまま・・・、終点まで行こうと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック