西国三十三箇所参りのおかげ その2

成相寺のあとは、続いて松尾寺へ。
こちらは、京都といっても福井寄り。
こちらも、急に細いみちへと入って行かなければならない。
堂構えから誰も来ませんようにと祈りつつの運転。
無事、誰とも対向せずに駐車場へ到着。
画像

山門へと続く階段を上って、本堂へ。
本堂前には、ちょっとしっぽが朽ちてしまった馬がいた。
画像

こちらは馬頭観音様を祀っていて、
昔、この近くの漁師が海難に遭い、馬がこちらへ送ってくれたという言い伝えから
馬が祀られているのだろう。
この話は、
(たぶん)こちらの住職さんから聞いた。
私たちがお参りに来て、手を清めている時に、
ろうそくを立てるあたりでロウなどを掃除している方がいた。
私たちの前に団体さんが来たので、
ロウがかなり落ちたらしい。
その掃除をしている方は、
単なるおじさんかと思ったら、
あれこれと説明してくださった。
着ているTシャツもよく見てみると、
こちらのお寺で販売しているTシャツ。
馬の絵がでかでかと描かれていた。
画像

交通の守り神としてここの馬頭観音は信仰を集めてきたそうで、
毎月近くの日通の方もお参りに来るそうだ。
改めてここでも旅の無事を祈る。
静かな静かな境内。
団体さんが参っていたなんて嘘のよう。
御朱印をいただく朱印所の前には、
薔薇の花や蓮の花が咲いていた。
やっぱりお寺には、
蓮の花がよく似合う。
画像

私たち以外にも、
数人の参拝客がいたが、
帰りも対抗車にも会わずにすんだ。
お天気も曇りで、あまり暑くなかった。
やっぱり西国参りのおかげだろうか?
このあと、再び宮津へ。
今回の旅は、先にこちらへ来た方がよかったのかもしれない。
でも、どちらでも対抗車に会わずにすんだということから考えると、
このルートでよかったのかもしれない。
そんなことを考えながら、
宿泊予定のホテルへと向かった。

松尾寺(まつのおでら)
京都府舞鶴市松尾532
電話0773-62-2900

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック