泉南市の梶本さんの藤

今日は、ちょっとお休みをいただいて、泉南の藤を見に行ってきた。
久しぶりである、この藤を見るのは。
たった一本の藤に4万の房の花が咲くという。
もとは梶本さんという方が育て始め、その方がなくなったあとも、保存会の方々が、世話をしてくれているそうだ。
熊野街道に沿って歩いていくと、そこだけ薄紫で、藤の香りが漂う。
画像

花はまだ満開と言うわけではないが、花見客も蜂も多い。
画像

画像

画像

したから見上げる花も素晴らしいが、ここは上からも眺めることができる。
画像

まさしく藤の花のじゅうたんである。
どちらかと言えば、藤色の雲にでも乗っているような感じ。
房の先に向かって、無数の花が次々と咲いていく。
まるで花のリレー。
リレーをしながら、満開のゴールへと向かう。
息をゆっくりと吸い込むと、藤の香りが体内に入ってくる。
藤の精にでもなったかのように、藤に包まれていく。
たった一本の藤。
画像

そのとてつもない生命力が、この花たちに藤としての力をみなぎらせていく。
その幹に触れ、少しパワーを分けてもらって、会場をあとにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック