和歌山市内の神社巡り

昨日和歌山市内の神社をめぐってみた。
まずは、玉津島神社から。
DSC_0615.JPG
ちょうど、結婚式のあとだったようで、
本殿の前で記念撮影がなかなか終わらない。
本殿にお参りする前に、隣の根上の松を見学。
DSC_0616.JPG
その近くには、犬養毅先生が書かれた万葉集の歌碑も。
DSC_0617.JPG
ゆっくり見学したつもりだが、なかなか記念撮影は終わらない。
写真屋さんが不馴れなのか、
いい写真を撮ろうと必死なのか、
撮られている人の表情は冴えないし、
シャッターもなかなか押さない。
それでもようやく撮り終え、やっと本殿にお参り。
こっちが待っていたとは気づかなかったか、
そこまで気が回らなかったか、
撮り終えた人たちはすぐにそこを離れることもなく、だらだらと過ごしている(ように、私には見えた)。
ちょっと気分は悪かったが、とりあえず、お参り、お参り。
DSC_0620.JPG
もちろん、そこで朱印もいただいて。
撮影を待っている間に渡しておいたわりには、こちらも出来上がっておらず、
待つことに。
ここでは、時間はなかなか過ぎないものなのだろうか?
一緒に、鹽竈(しおがま)神社のご朱印もいただいて、
そこから鹽竈神社へ。
DSC_0621.JPG
ここは初めてお参りする。
こんな洞窟の奥に、神様を祀っているとは。
ろうそくもあげて、今日一日無事に過ごせることを祈る。
そこでの祈りが届いたか、この後はわりとスムーズにお参りできることに。
この後は、竈山神社へ。
DSC_0625.JPG
ここの境内には、まだ萩の花が咲いていた。
DSC_0624.JPG
ここでもご朱印をいただいて、そこから日前宮へ。
DSC_0627.JPG
ここから先は撮影禁止ということで、
鳥居だけパチリ。
ここが一番、境内が広い。
大小さまざまな神様が祀られているが、主だったところだけ手を合わせた。
七五三の時期ということで、ここは受付も大きかった。
ここでもご朱印をいただく。
できれば来年の干支の土鈴をいただいて行こうと思ったが、
まだ早かったみたいで、いのししの土鈴しかなかった。残念。
でも、いただいたご朱印をもって、
しばらくは、平穏無事で過ごせますように。
DSC_0628.JPG
(いただいたご朱印と、玉津島神社のうさぎみくじ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント