テーマ:旅行

奈良 東大寺にて

昨日の奈良小旅行(!?)の続き・・・。 ランチのあと、夢風ひろばでショッピングをしてから、 近くの東大寺へ。 ランチのために夢風ひろばに駐車したときには まだまだ駐車できる感じだったのが、 ショッピングしている間にもう満車に近くなっていた。 そこにそのまま駐車しておいて東大寺へ向かう。 途中の駐車場にも、「満車」の文字。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒川本家でランチ

前日、奈良通の友人から得た情報を元に、 「夢風ひろば」へ。 先日購入した、奈良の「るるぶ」。 よくよく見れば、裏表紙にそこの広告。 こりゃあ、今日は混んでるやろな・・・ と思いきや、11時ということもあって、 まだ出足が遅いのか、 らくらく駐車。 早いけれど、8人の食事は、 場所取りが難しいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

般若寺のコスモス

今日は、奈良へ。 第一の目的は、般若寺のコスモス。 ここのコスモスは、例年より遅めだとか・・・。 関西花の寺としても有名な般若寺。 混むかな~と思いつつ、難なく阪和道、阪奈道路をひたすら走る。 そこから下へ下りて…あとはナビ任せ。 が、ナビは、何を思ってるんだか、 地元道を選択。 対向車にドキドキするような道を走る羽目に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤原宮跡のコスモス

18日の奈良、法隆寺のあとは、 藤原宮跡へ。 隣では、のどかに少年野球をやっていましたが、 目的はコスモス鑑賞。 マイクロバスに乗って、コスモス撮影会に訪れている団体もありました。 そんな中でのコスモス。 彼岸花と併せて、 デジブックにしてみました。 よかったら、ご覧ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法隆寺

一昨日の奈良紀行の続きを・・・。 法起寺のあとは、やはり斑鳩に来たのだからと、 法隆寺へ。 さすがは法隆寺、 観光客が多い。 しっとりと落ち着いた、…というかひなびた(!?)感じの法起寺とは大違い。 法起寺は、人影も少なく、 穏やかな感じであったが、 法隆寺は、外国人やら、 修学旅行生やら・・・。 こんな所で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和の国 井戸元と法起寺

(画像をアップしました、 昨日と少し変わっています。) 昨日は、もうそろそろ秋桜も見頃かなと思い、 奈良、斑鳩へ。 家を出るのが少し遅かったせいもあって、 到着は11時半ぐらいうだったか・・・。 第一の目的地は法起寺だったので、 その途中にある「大和の国井戸元」で昼食をすることに。 これは、「るるぶ」に載っていたため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それから北野天満宮へ

大渋滞の嵐山から離れ、北野天満宮へ。 ここはまだ駐車場へも車は入りやすい。 近くの上七軒で、昼食。 そして、北野天満宮へ。 大きな銀杏の木が出迎えてくれる。 紅葉ばかり見ていたので、この黄色い色が目新しく思える。 まずはお参り…と思ったら、ここもすごい人。 仕方なく、横から神様に手を合わせる・・・・。 「横からご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして、嵐山へ・・・。

23日朝から日吉大社へと行き、そこから京都の紅葉の名所、嵐山へ。 この計画が無謀だった・・・。 西へ西へと車を走らせているときにはまだよかった。 桂川沿いに出て、川に沿って車を走らせようとすると・・・・、 川の流れに逆らっての方向にズラ~っと車が・・・。 間には、観光バスも入っている。 大渋滞
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日吉大社

23日は、朝から日吉大社へ。 本当は前の晩にライトアップしているのを見に行きたかったのだけれど、 あいにくの雨で断念。 黄色の紅葉も、なかなかいい。 境内は、紅葉の中にお社がある感じ。 紅葉の名所といわれるのも納得 猿と何か縁があるらしく、山門にもお猿さんが・・・。 おみくじも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源光庵と光悦寺

高台寺界隈を散策したあと、私のお気に入りの源光庵へ。 かつて、恩師にここへ連れてきていただいて以来、 京都ではお気に入りのお寺である。 が、 この日はいつもと違う。 ここは本来、周辺の道があまり広くないせいか、観光バスも見かけない。 ゆえに、観光客も比較的に少ない。 落ち着いて寺を見学できるところである。 が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の京都

月曜日、休みをとって京都へ。 天気予報はあいにくの雨。 が、京都に着いたときには、運良く雨は上がって曇り。 雨に洗われた紅葉はとてもきれいだった。 予定は清水寺だったが、 雨が降ると駐車場から遠いからと、高台寺に変更。 九時半過ぎについたせいか、駐車場もなかなかいい位置で車を停めることができた。 平日とはいえ、やはり紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高台寺

暑い暑いといいながらも、車を移動させ、高台寺へ。 ナビがなかなかいい道を指示してくれず、同じところをぐるぐる回ってやっと駐車場へ。 岡崎公園駐車場は地下だったため、車内の温度はそれほど上がらずに助かった。 高台寺の駐車場は、残念ながら屋外。 空はちょっと怪しい雲行き。 ザッと雨が降ってくれたらひんやりするのだがと思いながら、高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢内宮と赤福氷

30日、最近話題のパワースポット、伊勢神宮内宮へ。 前日の大雨と打って変わり、かんかん照り 神様のパワーをもらう前に、暑さにやられてしまいそう・・。 少し歩くだけで、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥羽水族館

29日、久々の雨の中、鳥羽水族館へ行った。 というより、雨の中、鳥羽で雨に遭わずにすむところというと、そこしかなかったということか・・・。 前々日までずっとかんかん照りだったのに・・・。 まあ、童心に返って海の生き物たちに会う。 まずは、ジュゴン。 人魚伝説のモデルとなったといわれるが、どう見たって、「人魚姫」には見えない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅宮大社の梅

昨日週末の観梅をブログに書いていたら、急に画像が・・・。 ブログには一日にアップできる画像の制限があったのだ。 で、梅宮大社については今日。 まず、門でも梅がお出迎え。 しだれ梅が美しい。 日本最古の酒造の神をまつっているということで、門の上にはこも樽がぎっしり。 さらに中にはいると、庭園の入り口の梅が満開であった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

勧修寺の梅

城南宮観梅の翌日は、雲が多いながらも、あちこちに晴れ間も。 ちょっと風は冷たいが、この季節にしてはやや暖かい。 第一の目的地は、勧修寺。 ここは、以前に花菖蒲を見に来た。 が、「臥龍の梅」も有名らしい。 ここの駐車場は、くるっと回り込んで入っていくのだが、ワゴン車ではやや入りにくい、というか、木の枝が上からも横からも攻めてくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城南宮の梅

週末、癒しを求めて京都へ。 もちろん目的は観梅。 ここは、今までいろいろなところに観梅に行ったが、私の中ではベスト3に入る。 駐車場からも、その美しい姿を垣間見ることができる。 心躍らせながら、観梅に・・・・、 が、こんな事を書かれていては、まずはお参りに。 それから、神苑に入っていくと、まずは平安の庭、色とりどりの椿が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東京 夏目漱石と共に・・・

テレビでは、紅白歌合戦、矢沢永吉が歌っている。 スペシャルゲストらしい。 先日の東京旅行でのスペシャルは、夏目漱石。 もともとは、太宰治を訪ねる旅だったのが、せっかくだからと夏目漱石も・・。 まずは、生誕の地へ。 この夏目坂、どうやら漱石の父親が勝手に名付けたとか・・・。 そこから、少し離れたところに漱石…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京 三鷹 太宰治を訪ねて・・・

12月の5,6日に東京へ。 やっと今頃になって、そのことがブログに書けるようになった。 少し時間ができたので。 なぜ東京かといえば、今年は太宰治生誕100年。 太宰の誕生日はそのまま命日ともなっている、不思議な人物。 その太宰が短いながらもその人生の晩年を過ごした三鷹を訪ねた。 小雨降るJR三鷹駅に降り立った。 まずは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治を訪ねて…おまけ

今回の旅の初日に訪れた小説「津軽」の像記念館で、スタンプラリーの用紙をもらった。 ちょうど始まったところで、太宰に関するところでスタンプを押して応募すれば、太宰に関するグッズなどがもらえるというもの。 どうせ太宰に関する旅なのだからと、友人と喜んで参加。 二日目の疎開の家で完了。 三カ所押すところがあるので、6カ所まわらない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治を訪ねて…番外編

今回の旅は、レンタカーで自分たちの思うように時間を使いながらの旅であった。 レンタカーであったのが時間の節約になったかどうかは定かではないが、レンタカー故に自由がきいた。 その功罪の一つ。 二日目、昼食を兼ねてアズパムに行った。 そこでたまたまねぶた作成を見ることができた。 ねぶたまつりより早い時期に来てしまったので、ねぶたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治を訪ねて④

レンタカーを青森市内へと走らせる。 太宰治生誕百周年記念でいろいろな展示をしているところへ。 まずは、青森県立美術館へ。 ここも当初の予定ではなかったところだ。 真っ白な外観で、洗練されている。 おしゃれな美術館だ。 中は青森ゆかりの作家の展示が中心だが、今は、「太宰治生誕100周年記念 太宰治と美術」が開催されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治を訪ねて③

同じく金木ではあるが、斜陽館からは少し離れた芦野公園へ。 芦ノ湖がある自然公園。 ここには、太宰の文学碑がある。 「撰ばれてあることの 恍惚と不安と 二つわれにあり」 太宰が好きだった詩人ヴェルレーヌの言葉だ。 太宰の同級生である阿部合成が作成したらしい。 上部には、不死鳥がある。 毎年ここで、桜桃忌…今は、生誕祭とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治を訪ねて②

旅の二日目は、雲祥寺からスタート。 ここは、斜陽館のすぐ近くにある。 太宰の子守をしていたタケさんの菩提寺である。 小説「思ひ出」の中に出てくるらしい。 大きな門構えの中をくぐって、寺へと入っていく。 太宰は小さいころ、どういう思いでいただろう。 残念ながら、太宰が恐ろしくて泣き出した」という地獄絵を見逃してしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治を訪ねて①

今回の旅行の目的は、「太宰治」。 生誕100年ということで、いろいろなイベントが開催されている。 そのブームに乗っちゃったというわけ。 この旅行までに「津軽平野」やら太宰作品jを読んで・・・、という予定なんかすべて「多忙」という字で片付けてしまったが。 読んでから来た方が、本当に良かったなあと反省。 まず、太宰碑公園へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

答えは・・・。

上野発の夜行列車下りたときから~  青森駅は雪の中~ 夏なので、雪は降ってはいないが、小雨の中の竜飛岬。 ちゃんと「津軽海峡冬景色」の歌碑が建っている。 その前のボタンを押すと、前奏から始まって、石川さゆりの歌声が。 青森空港からレンタカーを走らせ、「竜飛」の文字を見ると、ついつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はここまで来ました

レンタカーを走らせ、思わず口ずさむ演歌。あいにくの小雨でしたが、歌碑の前のボタンを押すと、ちゃあんと曲も流れてました。 さて、ここはどこでしょう?
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西村屋ホテル招月庭

宿泊は、以前に泊まったことのある西村屋ホテル招月庭。 なかなか落ち着いた雰囲気のホテルで、お気に入り。 特別のプランの紹介があったので、急遽ここに宿泊を決めた今回の旅行。 志賀直哉の「城の崎にて」風に言えば、「電車にはねられた傷を癒しに…」と言いたいところだが、日頃の疲れを癒しに…来た。 ここは、「招月庭」ということで、「月…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

答えは・・・

一昨日のブログの答えは、「天橋立」です。 初めて行きました。 自然が作った造形美というか、よくもまあこんな形にできたモンだと感心してしまいました。 この風景をメールで送った友人から返信。 「カップルで訪れると別れるとか…」 ちょうど私の隣には、カップルが・・・。 「この人たちも別れるんやろうか・・・?」と心の中で問いかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀名生梅林

先週、紀南方面へ行ったとき、田辺・南部の梅林はもう終わりという感じで、残念だった。 ということで、梅の花を見に、賀名生梅林へ。 新聞での情報では「満開」ということ、週末、お天気がいい、…と三点セットで混雑が予想されたので、早い目に自宅を出る。 京奈和道路のおかげで、五条で下りたら、あとはひたすら国道168号線を南下。賀名生トンネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more