壷阪寺に行って来ました!

もうすぐ桜も開花宣言か!?という、今日。
コロナ騒ぎで外出を控えてはいたのだが、思い立って、壷阪寺へ。

DSC_0732.JPG
DSC_0753.JPG
境内の桜は、もう明日か明後日には開花しそうな感じ。
DSC_0731.JPG
本堂の中には、お雛様。
雛曼陀羅と言うそうだ。
DSC_0738.JPG
DSC_0737.JPG
中には、変わったお雛様もいて、それを見つけるのも楽しい。
DSC_0740.JPG
DSC_0741.JPG
DSC_0747.JPG
DSC_0751.JPG
一応こういう感じで出ていて、それをたくさんの中から探しだす楽しさもある。
こんな難しいのも。
DSC_0752.JPG
本堂の入り口では、今どきらしく、こんなお雛様。
DSC_0734.JPG
それでも出ていくときには、こういうお雛様。
DSC_0735.JPG
コロナ騒ぎで外出を控えている中、参拝に来た人々をなんとか歓迎しようとしているのか、行った甲斐があったなと思えた。
少し風は冷たかったが、来週には桜も満開になるだろう。
コロナウイルスを、仏様の力で吹き飛ばしてほしいものである。

夕焼け

DSC_0703.JPG
今日、帰宅途中で、パチリ。
夕方5時50分頃。
1ヶ月ほど前なら、こんな夕暮れは5時前の風景。
日が長くなったな~
少しずつ少しずつ、確実に春に近づいているんだなと思う。
今年は、暖冬だと言われている。
昨日なんか、4月中旬の気温だったとか。
そういわれても、やっぱり今日は、寒い。
まだまだ一月下旬。
これからまだ寒さはきわまる。
心地よい気温の春に、早くな~れ!

初詣と開花宣言?

明けましておめでとうございます。
もう11日ですが、遡って…

今年の仕事始めは、6日。
今年も根来寺のお不動さんに初詣。
DSC_0686.JPG
DSC_0684.JPG
朝早いので、まだお堂は閉まったまま。
ろうそくとお線香に火をつけて、供えて、
お詣り。
今年も文殊さんのお姿は、見られなかったけど、外から手を合わす。
DSC_0685.JPG
今年もいい年でありますように。

昨日、洗濯物を干していて気づいたこと。
慌てん坊のうちの梅の木が、早くも咲いた。
DSC_0688.JPG
DSC_0692.JPG
咲いていなくても、もうすぐ咲きそうなつぼみも。
DSC_0687.JPG
今年は、暖冬ぎみだと言うが、もう咲き始めてしまった。
庭には、他に山茶花も。
DSC_0693.JPG
こちらは、12月から次々に花を繋いで咲いている。
息の長い木である。
他に実のなる木もないのに、先日、我が家の庭に猿来訪。
家の主は見ていないが(笑)
近所の人が見たと言う。
猪が出ているとは聞いていたけど、猿まで!?
梅の花が咲き始めるのは嬉しいけれど、
猿はごめんだ。
こんなことで始まる2020年。
どうなることやら。

令和元年大晦日

今日は、大晦日。
明日は令和2年。
元年を振り返って、私の中の今年の三大事件!?
まず、仕事では、まさかの同じ役職4年目突入。
相棒に引き渡すつもりが、転勤。
それはそれで栄転に繋がるものであるから、仕方がないが。
この三年間、どんなに支えてもらっていたかを痛感する今年であった。
来年3月で、今度こそその役職は終われそうであるが。
まだ大仕事が残っているので、3ヶ月は忙しくなりそうだ。
二つ目は、交通事故。
朝の通勤途上の渋滞の中、ドーン((゚□゚;))
変な癖があって、ブレーキを踏んで止まっているとき、バックをよく確認する。
そのときも、なんとなくバックミラーを見ていたら、「嘘やろ!?」
突っ込んでくる!と思った瞬間だった。
愛車は後ろが大破。
私自身は、その日は大丈夫だったが、年のせいか、後日に痛み。
今だにリハビリ通い。
日常にはそれほど差し障りがないのが救い。
その後すぐに、ドライブレコーダーをつけた。
そして、最大の出来事は、本家が消滅したこと。
厳密に言えば、消滅しきってはないが。
本家のあった家は、売り払われ、
おじいちゃんもおばあちゃんもその位牌は、永代供養されてしまった。
最後に仏壇にお線香の一本でもあげたかったが、
それもかなわぬうちに、消滅。
お墓は残っているが、もうあの家はない。
なんだか思い出の一部分がかけてしまった寂しさを感じた出来事だった。

と、今年一年は、あまりいい年ではなかった、残念ながら。
でも、今年最後に引いたおみくじは、大吉だったし(石上神宮)、
他の占いも、来年はいい年みたいに書いてた。
それを期待して…紅白歌合戦を見ながら、
令和元年大晦日を過ごす。

お帰り寅さん 先行上映会

昨日は、友人とジストシネマ和歌山へ。
目的は、当然、映画鑑賞。
高校時代の恩師が中心となって、
寅さんの映画を先行上映する企画があって、
それを見るために行った。
DSC_0645.JPG席は特に決まっていなくて、整理券だけが前売り。
少し早めに着いて、列に並ぶ。
待っている間に、チンドン屋さんが来てくれる。
DSC_0644.JPG2部制になっていて、先の方が時間が押したようで、開場予定時間になっても入れない。
それでも、みんな、おとなしく並んで、開場を待つ。
そして、予定より20分ぐらい遅れて、開場。
順番に着席案内があったが、ちょうどど真ん中。ラッキー。
DSC_0647.JPG
DSC_0650.JPG
上映前にも、チンドン屋さん。
それから、主宰者(恩師)の挨拶の後、山田洋次監督登場。
DSC_0654.JPG
照明の方が、和歌山出身の土山さん。
その土山さん(右端)とともに監督のトークショー。
その後、来月上映される「お帰り寅さん」が、先行上映。
なんともうまく繋いでいて、まるで寅さんが生きているかのよう。
懐かしい女優さんたちも次々と登場。
時の流れを感じながらも、映画の中に引き込まれる。
実は、この日が私にとっては寅さんデビュー(笑)
それでも、十分楽しめる映画だった。

一言主神社へ

何度か来たことのある、一言さん。
まずは、石段を上がる。
DSC_0638.JPG境内には、数名の参拝客。
DSC_0639.JPG一つお願いを聞いてくれるというので、ざっくり「幸せでいられますように」。
境内には、大きないちょうの木。

DSC_0641.JPG少し色づいていたが、本当に大きないちょう。
パワーをもらえただろうか?
こちらにも別の大きな木。
DSC_0640.JPG
奥のお稲荷さんにお灯明をあげて、
参拝。
これで、今日は無事に帰ることができるだろう。
ご朱印もいただいて、石段を下りる。
DSC_0643.JPG
周囲の山々も色づき始めているので、
この石段の紅葉も、半月もすれば色づき始めるだろう。
御所にも静かに晩秋が近づいているようである。

御所市のてがみカフェ

今日は秋晴れ。
ちょっとお出かけ。
先日、小林稔侍さん主演の「星めぐりの町」という映画を見て、
美味しいお豆腐を食べたくなって、御所市へ。
映画では、小林稔侍さんが山のなかで美味しいお豆腐を手作り販売していたので。
梅本豆腐店に行くなら、
ランチはてがみカフェで。
DSC_0633.JPG
ここは、長柄郵便局をリフォームして!?カフェにしている。
だから、裏庭はこんな感じ。
DSC_0636.JPG
ランチは大和野菜を使っていて、ヘルシー系。
DSC_0629.JPG
DSC_0631.JPG
今日のメインは、秋鮭。
他の野菜を使った料理も美味しかった。
そこにプラスして、ミニデザートとコーヒー。
DSC_0632.JPG
今日のミニデザートは、ブドウのゼリー。
入った時は、店内はすいていたのだけれど、
12時を過ぎると、どんどん入ってきて、
あっという間にほぼ満席。
ランチはランチメニュー一種類だけなのだが、
これを目当てにやって来るようだ。
美味しいランチを食べて、この後は梅本豆腐店へ。
ランチでお腹も一杯だったにも関わらず、
梅本ではまたまたしっかり試食。
今日は、豆乳鍋と豆腐、とうふドーナツと豆腐ハンバーグ、うすあげ。
これでちゃんと儲かってるのかと心配になるほど、
次々とやってくるお客さん、すべてに試食を出している。
お豆腐と厚揚げ、それから、今日初めて食べたハンバーグ、豆乳鍋を買った。
ハンバーグ、美味しかったから。
試食に出した甲斐があったね。
この後は腹ごなしに、一言主神社へ。

和歌山市内の神社巡り

昨日和歌山市内の神社をめぐってみた。
まずは、玉津島神社から。
DSC_0615.JPG
ちょうど、結婚式のあとだったようで、
本殿の前で記念撮影がなかなか終わらない。
本殿にお参りする前に、隣の根上の松を見学。
DSC_0616.JPG
その近くには、犬養毅先生が書かれた万葉集の歌碑も。
DSC_0617.JPG
ゆっくり見学したつもりだが、なかなか記念撮影は終わらない。
写真屋さんが不馴れなのか、
いい写真を撮ろうと必死なのか、
撮られている人の表情は冴えないし、
シャッターもなかなか押さない。
それでもようやく撮り終え、やっと本殿にお参り。
こっちが待っていたとは気づかなかったか、
そこまで気が回らなかったか、
撮り終えた人たちはすぐにそこを離れることもなく、だらだらと過ごしている(ように、私には見えた)。
ちょっと気分は悪かったが、とりあえず、お参り、お参り。
DSC_0620.JPG
もちろん、そこで朱印もいただいて。
撮影を待っている間に渡しておいたわりには、こちらも出来上がっておらず、
待つことに。
ここでは、時間はなかなか過ぎないものなのだろうか?
一緒に、鹽竈(しおがま)神社のご朱印もいただいて、
そこから鹽竈神社へ。
DSC_0621.JPG
ここは初めてお参りする。
こんな洞窟の奥に、神様を祀っているとは。
ろうそくもあげて、今日一日無事に過ごせることを祈る。
そこでの祈りが届いたか、この後はわりとスムーズにお参りできることに。
この後は、竈山神社へ。
DSC_0625.JPG
ここの境内には、まだ萩の花が咲いていた。
DSC_0624.JPG
ここでもご朱印をいただいて、そこから日前宮へ。
DSC_0627.JPG
ここから先は撮影禁止ということで、
鳥居だけパチリ。
ここが一番、境内が広い。
大小さまざまな神様が祀られているが、主だったところだけ手を合わせた。
七五三の時期ということで、ここは受付も大きかった。
ここでもご朱印をいただく。
できれば来年の干支の土鈴をいただいて行こうと思ったが、
まだ早かったみたいで、いのししの土鈴しかなかった。残念。
でも、いただいたご朱印をもって、
しばらくは、平穏無事で過ごせますように。
DSC_0628.JPG
(いただいたご朱印と、玉津島神社のうさぎみくじ)

まだ夏?

今日は、うちの辺りでは防災訓練。
9時からと聞いていたので、会場までてくてく歩いていった。
その途中で見つけた、この花。

DSC_0585.JPGDSC_0586.JPG
たぶん、朝顔。
もう10月も終わろうとしてるのに…!?
この辺りにだけ、なぜか咲いてた。
確かに今年は暑かったけど。
もう少し肌寒くなってきたのに。
朝顔に似た花?
普段は通らない所なので、毎年この時期に咲く花なのかどうかもわからないが。
たまには散歩をして、小さな発見をしてみるのもいいかも。

喫茶リエール

昨日、和歌浦にある喫茶リエールへ。
ここは、岩出にあるベルクラインと姉妹店。
DSC_0459.JPG
最近マスコミで紹介されたので、名物の9マスモーニングが提供できないらしい。
DSC_0463.JPG
こちらとしては、ワッフルを目当てに入ったので、
ワッフルさえ提供してもらえれば、それでいい。
古いお屋敷を改造して使っているが、
いかにも和のテイストの家の中へ入るのに、
そのまま土足で上がるのに、ちょっと抵抗があった。
しかし、中は落ち着いた雰囲気で、中庭も見えて、
ゆったりとした空間である。
ブルーベリーのワッフルを注文したかったが、生憎売り切れ。
仕方なく、和歌山のミカンを使ったワッフルを注文。
DSC_0460.JPG
ちょっと生クリームが多かったが、ミカンジャムとの相性はばっちり。
注文してからワッフルを焼くので、時間がかかるのは当然だが、
珈琲が届いてから5分以上待たされるのは・・・。

このワッフル、ベルクラインと同じだが、
ベルクライン自身、今の店の前は、
とっても小さなお店だった。
それだからこそ、いつもはやっていて、
なおかつおいしかった。
今の店に変わり、ちょっと味が落ちたように思うのは、
気のせいだろうか。
回転したばかりの頃は、珍しかったからかもしれない。

ベルクラインと違い、ここリエールは、
古い家の味わいも含んでの空間。
また違った感じである。
午後4時前に入ったが、出てくるともう閉店の看板。
DSC_0462.JPG
閉店時間なんて調べずに入ったが、なんとか間に合ってよかった、よかった

心庵でランチ

今日は、母と母の友人とで、和泉市の心庵へ。
いつ来ても、ここは、お花のさりげない生け方がいい。
画像

画像

お花のおもてなしが、すてきなお店。
ランチはいつものように、野菜中心の小鉢と、お魚料理。
画像

画像

画像

お魚は、鯖の煮付けだったが、写真を撮り忘れた。
上の真ん中の、ごま豆腐あえがなかなか美味しかった。
これ以外に、手作り豆腐の枝豆ソースがけがあって、こちらも美味しかった。
最後に、デザート。
画像

シフォンケーキと、きなこのプリン。
料理ですでにおなかがいっぱいだったが、
あっさりとしたデザートで、ペロリとたいらげた(笑)
そのあとは、腹ごなし(笑)に、松尾寺へ。
画像

画像

心庵の庭にも、紫陽花が咲いていたが、こちらも境内のあちらこちらで紫陽花が咲いていた。
もう紫陽花の咲き頃は終わったかと思っていたが、意外とちょうどよかった。
画像

梅雨の鬱陶しい天気で、ムシムシとしたが、
おいしい料理と静かな景色に、ちょっと心が癒された。

夕焼け

画像

今日の帰り道、撮った写真。
ちょっとチャンスを逃したが、夕焼け。
7時頃だったか…
今年の夏至は、6月22日というが、
7時でもまだ明るい。
穏やかな夕焼け。
平和だな~と思いながら、車を走らせていて、帰宅。
自宅でゆっくりテレビ番組を見ていたら、先ほど、地震速報。
というより、先に津波注意報。
新潟や山形で強い揺れがあった模様。
日本は狭いようで、広い。
うちの方は、地震とは無関係だ。
しかし、テレビでは、緊急ニュースに切り替わり、事の重大さを見せつける。
三時間半ほど前には、あんなに穏やかな夕焼けを見せていたのに。
きっと現地では、穏やかではいられず、
余震に怯えているだろう。
ニュースを伝えるアナウンサーの強い声が、
一層事態の重大さを感じさせる。
遠く離れているとはいえ、
自分たちの所もあんなことになったら…と思うと、
ニュース番組から目を離すわけにはいかない。
現地からの情報も、電波の状態の悪さからか、途切れる。
被害が甚大でないことを祈るばかりの夜である。

三輪素麺と長岳寺

まだ5月だというのに、30℃越え。
真夏がもう来てる…
こんなときは、素麺!ということで、
桜井市へ
いつもなら池利の方に行くのだが、
そちらは一時まで貸し切りということで、
今日は山本の方に。
土曜日の昼時と言うことで、結構混んでいた。
が、料理内容は素麺なので、
客の回転は速い。
少し待ったが、席に案内され、注文。座ってから料理が出るまで、意外とかかった。
画像

家とは違う、腰のある素麺。
するするっと入っていく。
柿の葉寿司は、少し酢が効いていたような…
わらび餅までいただいて、初夏の味を堪能。
そのあと、店内の商品を見て、長岳寺へ。
ここは、以前ツツジの頃に来たことがある。
ブンブンと蜂がいっぱい飛んでいたことを思い出す。
今日は、もうツツジも終わってる。
画像

山門をくぐって、しばらく歩くと、受付。
拝観料を払って、朱印をお願いして、まずは庫裏へ。
画像

画像

入ってすぐのところに、ほたるぶくろ?
画像

こちらから眺める庭には、もう睡蓮が咲いていた。
画像

画像

菖蒲がもう盛りを過ぎていたのが、残念。
そして、本堂へ。
画像

この階段を上がってから、左手に本堂。
画像

この本堂の中に入ると、
センサーで灯りが灯されるのには驚いた。入るときは、薄暗そうだなぁと思っていたのに、
一歩踏み入れると、パンと明るくなる。
そこで、静かに仏様に手を合わせ、今日も無事過ごせるようにとお願いする。
その本堂の前の池。
画像

画像

こちらも菖蒲の見頃が過ぎていて、残念。
青葉の紅葉には、種がついていた。
画像

関西花の寺と言われる長岳寺ではあるが、
ちょっと花のいいときが過ぎていたし、
暑いこともあって、訪れる人も少ない。
ここは、人より猫の方が多いような…(笑)
汗をふきながら、門の近くのアジサイを見て、
もうちょっと後に来た方がよかったかなと思いながら、
寺を後にした。
画像

100円均一ショップって…

よくある100円均一ショップ。
私がよく利用するのは、セリアかな?
ダイソーもあるし、キャンドゥもある。
安くて、アイディアもあって、なかなか興味深い商品もある。
で、最近探していたのは、A4ファイルが入る、浅めのかご、持ち手つき。
これがなかなかない。
10年以上前に見つけて、仕事に使っていた。
これが100均ては思えぬ耐久性があり、
ずっと使ってきた。
最近、うちに転勤してきた同僚が、
この大きさがいいと言って、欲しがる。
で、ワイワイしていたら、私もほしい!と言い出す他の同僚が出てきて、
どこで売ってるかさがし始めたら、
ミーツという100均だとわかってきた。
ところが、この店がなかなか近くにない。
ワッツという100均とも同じ会社らしいというかとまでわかり、
難波にあるということまでつかんだ。
それで、この週末、難波に出掛ける予定の同僚が、探してくることに。
自宅でいろいろとネットで調べてみると、
五條のイオンにもあることが判明。
そこなら、車で40分ぐらいで行けるか、と思い、
今日行ってきた。
画像

店内を探すと、目的のかごがあった、あった。
おまけに、ずっと探していた、100均の静電気防止スプレーも見つけた。
画像

他にも欲しかった100均グッズをいくつか購入。
長年探し求めていたかご。
ワッツ以外でも取り扱ってほしいなぁ。
もしくは、ワッツか近くに開店して欲しい。
たかが100均、されど100均。
これからも100均グッズの研究は続く…(笑)

平成最後の日

たぶん、同じテーマでブログやら、ツイッターやら、インスタやら、いろんな人が書いているだろう。
10連休なんて、この先あるんだかどうだか、っていう連休が来て、
その中で平成から令和に変わる。
今だって「れいわ」って打ってもすぐには「令和」って変換されない。
それが明日から何度か同じ言葉を入力するうちに、
当たり前のように「令和」って変換されるんだろう。
思えば、「昭和」から「平成」は、突然やってきたし、天皇の崩御があったし、
「えっ」って思っているうちに変わってしまったが、
今回は準備もできたし、
今上天皇がお仕事を十分し終えて交代っていう感じだから、
お祝いムードも強い。
むかしむかしの天皇の生きているうちの交代って、
政治の色が濃いような気がしたが、
今回はちょっと失礼にも当たるが「お疲れさん!」って言える。
いろんなことが平成最後って言われているが、
わたしにとって「平成最後」は、
先週行った高見の郷の桜かな?
ピンクに彩られた山は圧巻だった。
一部昨年の台風の傷跡のような所もあったが、
それでも丹精込めて育ててきた桜の姿は目に焼き付いた。
さあ、令和になったら何をしようか・・・。
とりあえずゆっくりこの連休を過ごしていたい。
画像

画像

高見の郷のしだれ桜

一昨日の土曜、少し早起きして、7時に家を出発。
目的地は東吉野村にある、高見の郷。
先々週、読売テレビの「ten!」で、天気予報士の蓬莱さんが中継で花見の場所として放送していた場所。
しだれ桜ばかりと聞いて、一度行ってみようと思い立った。
9時に開園ということで、9時に到着…
だが、すでに混んでいたようで、
案内された駐車場は、第5駐車場。
えーっ!と思いながらも、すぐ近くから送迎バスが出ていて、バスでの移動。
何台も出ているので、並ぶの~!って思ったが、
意外とすぐに乗れる。
で、現地に着いた…とそこも受付までまた並ぶ。
すごい人!
そこからまた上まで上がらなければならないが、そこもバスで送ってくれる。
もちろん自力で歩いて登ることもできる。
が、受付まで結構並ぶ。
上に送ってくれるパスも、何台もあって、
並んでいる人の量から言えば、
わりと早めに乗れたかな?
えーっ!こんな坂をバスが!?
と思うところを上ってくれて、到着。
そこは、夢のような美しさ。
画像

画像

画像

青空に映えるピンクの世界。
レンギョウの黄色も映える。
画像

画像

展望台には上がらなかったが、きっと素敵な眺めだっただろう。
蓬莱さんも食べていた、桜のロールケーキを食べた。
画像


ほんのり桜餅のような味。
美しい桜を見ながら、舌鼓を打つ。
テーブルが黒くて艶があるので、隣のテーブルに映る桜も美しい。
たくさんの桜。
この日は満開。
画像

あちこちで写真撮影。
すっかりピンクの桜を堪能して、またバスに乗って降りる。いちばん見晴らしのいいところでスピードを落としてくれて、
最後にもう一目。
夢のような桜を見て、心が豊かになった。
帰りも駐車場まで、送迎バス。
そこから帰途についたが、
反対車線は大渋滞!
これから見に行く人たち。
やはりここは、朝早く行くべきだったかも。
美しい桜に心が洗われた。

心庵でランチ

ちょっと仕事に一区切りがついたので、週末はランチ。
場所は和泉市の心庵。
画像

入口では、見たことのない白い花がお出迎え。
足元を見ると、利休梅と書いてあった。
純真な感じで、好きになった。
他にも庭には、季節の花たち。
画像

画像

ランチョンマットも春らしい。
画像

ランチは季節感あふれる内容。
また、からだにも良さそう。
少しずつだが、美味しい。
画像
画像
画像

この天ぷらは、ジャガイモとえんどう、そしてまいたけ。
画像

最後はコーヒーとプリン。
これで、2000円だったかな?
少しずつだが、食べ終わると満腹に。
少し腹ごなしにと、近くの松尾寺へ。
境内は、桜の花が真っ盛り。
画像
画像

画像

画像

こんな変わった花も。
境内の桜の木は、とても大きかった。
何年もこの地で春を迎えてきたという感じ。
その大木の幹にも花。
画像

隙がないというか…
紅葉の緑も美しい。
画像

画像

春真っ盛り…
この週は、本当に忙しかった。
疲れた心を癒してくれた、そんな時間だった。
画像

根耒の桜

画像

今朝、出勤途上の根来で、桜をパチリ。
朝8時頃ではあったが、もう駐車場の三分の一はうまってる。
画像

この桜は、10日前はこうだった。
画像

もうあちらこちらで満開。
画像

こちらの10日前は…
画像

開花してすぐ、気温が下がったが、ここ数日の陽気で、桜は一気に見頃を迎えた。
画像

10日前には、足元にはこんなつくしも。
画像

このときは、春だな~と思ってたが、
今日はすっかり春!
10日前は、まだ前年度。
先日異動があって、自分は変わらなかったが、
周囲に変化があった。
桜が咲き始めた頃、時を止めたいと思った。
しかし、時は進むもの。
桜が開花を進めると同様に、周囲も変わった。
昨年度まで恵まれた環境であったことを、今更ながらに気づかされる。
幸せってそのときには気づかないが、
過ぎ去ってはじめて、そのときが幸せってわかる…
なんてことを、どこかで聞いた気がするが、
本当にそう。
4月に入り、しみじみ思う。
この桜も、あと少しで散るだろう。
時は止まらない。
自分もその流れにのって、時を進めなければならない。
わかっているが、前になかなか進めない、自分がここにいる。
桜を見ると、どこか悲しくなる。
いくら美しい姿を見せてくれても、いつかは散ってしまう。
ほんの10日前を振り返っては、泣けてくる…
年だなぁと思いながら、車を出発させた。

和泉リサイクル公園の春

今日は、春の陽気に誘われて、和泉リサイクル公園へ。
考えることは皆同じで、駐車場も混雑。
でも、ここは従来の駐車場のほか、込み合うときは、グラウンドを駐車場に開放してくれるので、それほど駐車には困らない。
まずは、日本庭園から。
そこは桜が満開。
画像

画像

椿も残り花を咲かせてくれている。
雪柳も満開。
画像

これは花桃と呼ばれる花?
濃い赤の桜?
画像

しだれになっていて美しい。
画像

画像

足下は、芝桜も咲いている。
そのあとは、花畑の方へ。
画像

まずは目を引くチューリップ。
画像

画像

こちらは陽気がよすぎて、チューリッパっていう感じ(笑)
画像

ラインに植えているだけでなく、ランダムに植えているところもある。
それから、満開のラッパ水仙。
画像

その間をこんな花道!?
画像

外れたところには、ポピーが少し咲いていた。
画像

それから、こんな変わった桜?桃?
画像

八重で二色。
画像

画像

春爛漫の和泉リサイクル公園だった。

観心寺の梅と…

昨日は、早春の陽気に誘われて、
急に思い立ち、河内長野の観心寺へ。
画像

門をくぐってすぐ左側で、梅の花たちが迎えてくれる。
画像

画像

そして、本堂へと向かう。
画像

画像

本堂では、家内安全を願って手を合わす。
梅の花がたくさん咲いているわりには、
境内は静かで、落ち着いた雰囲気。
桜のような華やかさはないが、
春の訪れを告げてくれる、梅の花。
梅の花には、静けさが似合う。
画像

画像

画像

画像

画像

ピンクの花は、太陽の日に透かして見ると、また違ったよさがある。
梅の花を堪能して、駐車場に着いたら、
こんな黄色の花もみつけた。
画像

で、よくよく見ると、この花の近くでは、
桜が咲いていた。
画像

画像

もうすぐ春。
三月になったんだと実感できた、
観心寺であった。