ジュリーと小田さん

年末、特番がいろいろと流れる。
その中で、いくつか見たいものが重なったり、リアルタイムで見ることができなかったり…というわけで、録画。
その中で二つ紹介。

一つは、NHKで12月27日に放送された「沢田研二ライブ 人間60年ジュリー祭り IN 東京ドーム」
往年のジュリーが、ちょっと(!?)太ってステージに立つ。
が、最初の衣装は羽がいっぱいついていて、体型がわかりにくくて、私的にはGOOD。
還暦を迎えたとはとても思わせない、エネルギッシュなジュリー。
何年たってもジュリーはジュリー。
独特のオーラは色あせない。
かつては、「ザ・ベストテン」の常連だった。
が、一番聞きたかった「危険なふたり」はなし。
「勝手にしやがれ」や「TOKIO」はBSの方では流れるらしい。
聞きたかったなあ

もう一つは、MBSで12月25日に放送された「クリスマスの約束2008」。
文字通り、クリスマスに毎年、放送される。
ここでは、61歳の小田和正さんが歌う。
いつもならステージ狭しと、あちこち走り回る小田さんだが、今回は自転車で走ろうと計画したがリハでこけてしまって、走り回れなかったらしい。
なかなかテレビには出てこない小田さんだが、この番組だけは、スタッフとディスカッションして、企画して、作り上げ、登場する。
コンサートで各地を訪れては、その土地のおなじみの場所を訪ね、ビデオに撮り、コンサートで流す。
そのビデオの総集編みたいなものも流される。
あちこちで、小田さんはファン(!?)につかまる。
が、一人ぶつぶつと小田さんはコメントする。
そのコメントもおもしろい。
長野の善光寺に行ったときに、還暦参りのことが書いてあって、それを読んでは、「ほっといてくれ。」
にわかファンのおばさんたちには、「こわい。」
ファンから子供を抱いてくれといわれて抱くが泣き出した子には、「泣かれてしまいました。」
小田さんの本音が出ていて、歌うだけの姿ではなくて、人間味が出てくる。
2001年からずっと放送されていたらしいが、残念ながら、私が気づいたのは、ほんの数年前。
いろんなアーティストもゲストで出てくる。
今回は佐橋佳幸さんと松たか子さん。ご夫婦だとは、その時初めて知った。
二人と小田さんとの関わりも話の中で出てきて、そうだったのかと思うことも・・・。
オフコース時代の初期の頃の歌もあったり、小田さんの長い芸能歴(!?)も垣間見ることができる。
つい、一緒に口ずさんでしまうこともしばしばだが、今回は私の一番好きな歌、「君住む街へ」がなかったのが残念。
毎年毎年少しずつ小田さんの楽曲は増えていくわけで、そのなかから絞り込んで歌うのだから、自分の歌ってほしい歌が外れるのは仕方がないことだが・・・。
どうしても、テレビを見ていると、自分にだけ歌いかけてくれるように錯覚して、「何で、今回歌ってくれへんのん?」と問いかけそうになる。

60歳を超えた二人のステージ。
懐かしいようで、かつてとは明らかに年を重ねた二人。
それを聞く自分も年を重ね、詞をしみじみと味わってみたりもする。

今年は、「Remix35」とか「Around40」とかCDが流行った。
アラフォーせだいにとっての懐かしい曲がリバイバルされることが多かった。
徳永英明や中村あゆみや、いろんなアーティストたちがカバーアルバムを次々と出した。
昔は、「懐メロ」なんて中年やなあと思ってたけど、今は、そういうものばかりを聞いてしまう。
そして、口ずさむ。
かつての自分の親たちがしていたことを自分もしている。
あ~「中年」になってしもたんかいな?????

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック