漢字検定

年三回行われる漢字検定の実施直前にして出てきた社会問題・・・。
なんとか今回の検定は、問題なく行われるようだ。
せっかくこの検定に向けて勉強してきた人たちの努力の甲斐が無にならないように。

確かに、この検定が始まったころは、たいした受検生もいなかった。
が、徐々に増え始め、大学入試や就職試験の時に、一つの資格として認められるようになり、受検者数が大幅に変わっていった。
3級、準2級受検料が2000円。それが、2級になると倍の4000円。1級は5000円。
同じ1時間の受検時間で、この差は・・・!!!???

資格の一つとして持っておきたいと思って、受検した人たちも多いだろう。
が、一方で、今回のことで、高校入試の際にプラス点として考えていたところが検討し直すようになったというニュースがあった。
その高校入試を受験するために、漢字検定を受けた中学生たちには、衝撃があるのでは!?
大学入試でも、今後検討するところが増え始めるだろう。

刻々と明らかになっていく、協会内の実態。
それを知っていくたびに、がっかりする。
書店に並ぶ漢字の問題集には、決まって「漢字検定対応」の文字がついている。
やっと一つの資格として確立されてきた漢字検定だったのに・・・。

ちょっと受検してみようかと「読めそうで読めない間違えやすい漢字」を購入して読んでいたのに・・・。
が、あまりに難しいなと思っていたら、この事件。
麻生さんみたいな間違いをしない程度で、ま、いいか・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック