聖女の救済

東野圭吾の「聖女の救済」、ついに読破。
画像

なかなか読書の時間がとれなかったが、今日は、ついに風邪がひどくなり、病休。
咳が止まらなくなる・・・。
職業柄、どうしても大きな声でしゃべらないといけないので、のどがやられるのが、一番痛い。
今日一日、ほとんどしゃべらず、黙って過ごしていたら、なんとかのどの痛みも治まってきた。
それで、午後からは布団から出て、こたつに入って座って読書。
・・・おかげで、やっと読み終えることができた。
マシャファンの私にとって、ガリレオシリーズは気になるし、どうしても作中の湯川はマシャになってしまう。
ドラマの影響は大きい。
草薙刑事は、北村一樹になってしまうし、内海刑事は柴咲コウになってしまう。
そんな中、ストーリーを読み進めていくわけだが、「容疑者Xの献身」でもそうだったが、最初から犯人の目星はつく。
が、そのトリックがなかなかわからない。
湯川学自身も途中で語るが、「おそらく君たちは負ける。僕も勝てない。これは完全犯罪だ。」と。
そのトリックを読みながら、解き明かすのが、東野作品の良さか。
わかっているのに、謎が解けないもどかしさ。
それとも今日でおさらば。
ようやくの読破。

一方風邪の方は・・・。
昨日、近くの内科医に行ったら、朝から19人も出たよと、インフルエンザの検査の後らしいものを指さす医者。
「流行ってるよ」
そんなの、わかってる。
予防接種しているから、まあ、インフルエンザではなかろうと思う症状を医者に伝えると、しばらく様子を見るということで、いくつかの薬を出してくれたのが、これ。
画像

咳がひどいので、咳止め、抗生物質、あとのどの炎症を鎮める薬、だったかな?
市販の薬より、医者が出してくれる薬の方が効く。
これは、私だけかもしれないが・・・・。
夕方になって、のどの痛みも治まってきた。
心配していた熱も出ず、なんとか普通の体に近づいてきた???

今日は節分。
黙って、吉方を向いて、巻き寿司も丸かじりした。
鰯も食べた。
あとは、豆まき。「鬼は外、福は内!」
「風邪は外、福は内!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック