今日の龍馬伝

昨日ラジオ「オールナイトニッポン魂のラジオ」で、福山雅治ことましゃが、龍馬伝の登場人物の物まねをしていた。
すごく似ていた。
それだけに、今日の「龍馬伝」、また次のラジオでもマネされるかと思い、おもしろかった。
昨日の物まねされた人物、勝海舟、山内豊信。
すごく似ていた。
今日のドラマで、当の本人を見ていると、マシャとは結びつかないのだが。
今日の近藤正臣扮する山内豊信公の物言いは、昨日の物まねの通り、特徴がある。
関西弁を東京の俳優さんがしゃべると、どうもしっくりこないものだが、龍馬たちが話している土佐弁はどうなのだろう?
魂ラジでも、やたら土佐弁で話したりするが、高知の人からすると、いらつくものなのだろうか?

一生懸命に山内公に語る、武市半平太。
山内公のたくらみ(!?)により一気に彼の周りから人々が離れていく。
時代の流れってこんなものなのか。
私たちは、歴史を学び、この先どうなるかはわかって、ドラマを見守る。
しかし、この時代を生きていた人々は、先もわからぬまま、自分の信じる道を進んでいった。
その情熱、信念、人間模様がドラマの中で描かれていく。
「あかん、あかん・・!」そう言って止めてやりたくなる。
しかし、当の本人は信じる道を全うできたことで幸せなのだろうか?
「龍馬伝」とは、坂本龍馬の人生を描くドラマだが、その周辺の人々の生き様も描かれていておもしろい。
むしろ、龍馬の生き方よりも・・・。
今日は、岩崎弥太郎が出てこなかった。
ちょいと寂しい。
あの濃いキャラが出てこないと・・・。
「坂の上の雲」の撮影で忙しい!?
しかし、ナレーションという重要なお役目もあるし・・・。
しばらくは、山内公のキャラが龍馬伝で幅をきかすか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック