映画「相棒」

遅ればせながら、映画「相棒」を見た。
さすがは好評を得ている映画だけあって、なかなかおもしろかった。
杉下右京の鋭い推理力、観察力、・・・
そこに今まで見せなかったであろう神戸尊の熱い思い。
眠っていた(!?)正義感がわき上がってきた・・・、というところか?
一つの事件の裏に隠された過去の事件の真相。
そして、正当防衛という名の殺人。
最後は意外な結果に終わったが・・・。
ん~、いつもながら、そりゃあ、あかんやろ!?といいたくなる感じ。
ネタバレになるから、多くは書けないが、
SPがついていないはずはないだろ!?といいたくなる結末。
だが、戦い続ける杉下と神戸。
その姿の結末は描かれないまま、エンドロール。
自作に続くというところか?
「踊る大捜査線」より、こちらのほうが頭脳プレイ(!?)というか、
推理しがいというか、そういう要素が多いような気がする。
今日も、映画で見落とした点がいくつか・・・。
それが残念でならない(負け惜しみ)・・・。
これからこの映画を見る人がいたら、
ネタバレにならない程度にお教えします・・・。
最初のシーン、細かいところもよく見ておいてください。
そして、事件のときも、よ~く見て聞いておいてください!

今年最初の映画鑑賞。
(ずっとDVD鑑賞はしていたが・・・。)
なかなかおもしろい映画で、よかった。
次は、「レッド」にちょっと興味が・・・。



《送料無料》相棒 Classical Collection=杉下右京 愛好クラシック作品集=(HQCD)(CD)
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2008/12/24■在庫状況:1〜3日以内に発送致します(土日祝除く)★ 詳しい納期他、

楽天市場 by 《送料無料》相棒 Classical Collection=杉下右京 愛好クラシック作品集=(HQCD)(CD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック