岡寺

昼食のあと、岡寺へ。
車のナビが指す行き方は、
夢市茶屋からくるっとまわっていたが、
車に乗るときふと見た道路標示では、
手前の道に矢印が・・・。
半信半疑のまま、その矢印に従っていくと、
まもなく岡寺門前駐車場に到着。
ナビ君・・・、ごめん・・・。

ここも駐車場から坂道。
画像

かなり急。
帰りの下りも慎重に下りたぐらい・・・・。
上がると、山門前の紅葉が真っ赤に紅葉。
画像

仁王様ににらまれながら、門をくぐると、また階段。
参拝客も大変だが、
これを建造した人たちも大変だっただろうなあと思いつつ、階段を上る。
本堂に入る前に、鐘楼で鐘をついた。
静かな境内に、趣深い(と思うのは自分だけ?)、重々しい鐘の音が響く。
合掌して、次は本堂に。
画像

ここは、厄除け観音として有名。
だが、もう「厄除け」とは関係のないトシ・・・、っていうのが悲しい・・・。
と思っていたら、それは「大厄」だけのことで、
今年が厄年だったと、
入り口でいただいたパンフで知る。
鐘をついておいて良かった・・・
本尊は日本最大、最古の塑像観音像だそうで、
上からじっと見つめられているような感じがする。
旅の安全と家内安全をお願いして、本堂から離れる。
龍蓋池がその前にあって、
悪龍を封じ込めたといわれている池だそうだ。
この伝説から厄除けへと発展していくそうだが、
池をのぞいても、鯉や亀がいるわけもなく、
悪者がいるならあまりのぞかない方がいいだろうと、
そこから離れる。
境内は、やはり紅葉の見頃が過ぎている。
散り紅葉の方が多いが、まだ木に残っている紅葉は、
色鮮やか・・・、というよりは、枯れ気味。
画像

まあ、今回の目的は「紅葉狩り」ではないので、
朱印をいただいたら、次へ。
仁王門を出たところに、無人販売があり、
みかんとイチゴを置いていた。
あすかルビーが350円。
こりゃあ、やすいと購入。
今朝の朝食のフルーツとなった。
また、あの坂をそうっと下りていたら、
下から団体客が。
今日なんか、紅葉の見頃も過ぎているし、
きっとすいているだろうと思っていたが、
三十三ヵ所の朱印を集めるツアーなのか、
結構参拝客がいる。
そんなに広くない坂道を、
上る人は下を向いて黙々と上ってくる。
その横を避けるようにして、なおかつ、滑らないように気をつけて、
ゆっくりと下りた。
あいにくの曇天。
だが、雨には遭わずに済んでいる。
時折見せる晴れ間を頼りに、
次の長谷寺へと車を走らせた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック