市立桜宮高校問題について

橋下市長が、桜宮高校体育科の募集停止を求めたことについて、
やはり私も反対。
確かに体罰を受けて自殺した生徒の命を重んじる気持ちもわかる。
しかし、他にもたくさんの生徒の未来が、
この学校にはある。
1対多数の比較で、多数決を採るわけではないが、
たくさんの中学生や高校生の未来も重んじてもらいたい。
この事件のあと、
バレー部やバスケ部は、
廃部も視野に入れて無期限活動中止となった。
この学校で活躍して、
その先の進路を考えていた生徒たちにとっては、
本当に不幸な結果である。
なんのためにこの学校に入学したのか?
このあと、後輩たちも入ってこないとなると、
この先、活動再開となっても、
チームを組めなくなる可能性もあるだろう。
個人競技なら、
例え後輩がいなくても個人参加できるが、
バレー、バスケ、ともにチームプレーの競技である。
体罰の根絶のため、
今回の事件を重く見て、
厳しい処分になるのはわかる。
それは、体罰をした教師、
それを許した学校側に求められるものであって、
その環境の中にいた生徒たちにまで求めるべきではない。
その体罰を糾弾できなかった弱者でもあるだろうし、他のクラブ員たちには関係のなかったことだろう。
体罰があっても仕方がない、
そう考えていた橋下市長。
その考えを改めたまではいいが、
もっと大きな視点で、今回の事件のことを考えてほしい。
おそらく、
今回のことで、
一番困っているのは、
被害者の保護者ではないか?
もちろん、自分の息子を亡くした悲しみは計り知れないほど深いものであろうが、
今回のことで橋下市長への非難が
こちらへも向いていて、迷惑しているのではないか?
世間の声というのは、
無責任なもので、
相手の気持ちも考えずに、
ストレートに突き刺さっていく。
橋下市長は、そこまで考えたか?
受験まであと一ヶ月と迫ったこの時期に、
いきなりの募集停止。
ただでさえ、緊張する入試直前に、
衝撃は大きかっただろう。
たとえ、入試が行われるになったにしても、
入部したいクラブは、廃部になるかもしれない、
となると、他の学校を考えずにはいられないはず。
教育問題については、
橋下市長は、特に厳しいように思う。
何か、お子さんのことで問題でもあったのだろうか?
と思わずにはいられないほどの不信感が見られるように思う。

在校生にとっても、
受験生にとっても、
そして、自殺した生徒の保護者にとっても、
差し障りのない収束が早く来ることを祈る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひまわり
2013年01月21日 13:23
私もusagiさんのご意見はごもっともと思います。
変えなければいけない本質が何なのか?がずれていますよね。教育委員会との確執なんてことも言われているようですが・・・桜ノ宮高校のいい伝統までもすべて否定しているように感じます。人間が過ちを犯したとき罪を憎んで人を憎まずと言われたりしますが、ある意味どこの高校でも陥る可能性がある事例ではないかと感じます。
大きな視野に立ってこの過ちが教育全体にいい方向をもたらすような指導をTOPとしてはしていただきたいですね。

この記事へのトラックバック