ふぐ、満足!とらふぐ料理山福

久々の更新。
昨日は、上司のおすすめのふぐ料理店へ。
場所は、京都のとらふぐ料理山福。
店は、祇園四条。
店には大きな水槽があり、外からもとらふぐがお出迎え。
画像

料理については、上司に任せた。
まずは、お決まりのてっさから。
画像

画像

肉厚のお刺身は、にんにく入りのお味噌で。
画像

ふぐを食べているというよりは、美味しい鶏肉を食べているような肉厚感。
続いて、肝をポン酢で。
こちらは、トロッ、ツルッっていう感じ。
独特の生臭さなんて微塵もない。
画像

次は、焼きふぐ。
こちらは写真なのでわからないが、
じつは、ふぐの肉厚の切り身はピクピク動いているのを、そのまま網の上で焼いているのである。
画像

次は、初めて食べた、焼き白子。
画像

表面はパリッとしていて、
中はふわとろ。
その「とろ」の中は、濃厚で、こちらも生臭さなし。
放っておいたら、いくつでも食べてしまいそう。
そして、いよいよふぐちり。
画像

この一番上にのっている肉厚の身も、
ピクピクしていた。
活け造りでもないのに、
こんなにピクピクしているのは不思議。
でも、食べ始めたら、その不思議さも吹っ飛ぶぐらい、美味しい。
写真を撮るのを忘れてしまったが、
皮の近くの薄切りの身をしゃぶしゃぶして食べたのも、
これまた美味しかった。
皮と身の間にある、コラーゲンなのか、トロッとしたところがなんとも言えず、絶品。
普段の鍋料理では、必ず、「野菜をとらなきゃ。」と思うが、
このときばかりは、野菜の分までお腹の空いているところをふぐで埋めてしまいたい、
そんな風に思うほど、何もかもがおいしかった。
そして、締めの雑炊。
これも、食欲が勝ってしまい、
写真を撮り忘れたが、
写真などなくても想像できるほど、
当然ながらおいしかった。
あ~生きててよかった。
連れてきてもらって、本当によかった。
こんなにふぐを食べ混んだのも初めて。
「食べ混んだ」という表現もおかしいが、
それほどふぐを堪能した。
最後は、あっさりめのデザート。
画像

柚子のシャーベットだったが、
もしかして、この中にもふぐが入っているのでは?と疑いたくなるほど、
ふぐ三昧だった。
上司に感謝。
また、いつか来たい。
帰りに再び表の水槽を見たら、
なんとなくふぐがかなり減っていたような…
今年一年分のふぐを食べた!って思うくらいの内容だった。
明日から、ちょっとイラついたら、からだがプクーッと膨らんできたりして(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック