小田和正ライブに行ってきました!

こさめが降ったり止んだりの12日、
大好きな小田さんのコンサートに行ってきました!
画像

場所は大阪城ホール。
コンサートで来るのは初めて。
今回ちょっと早い目に行ったので、知った事実!
コンサート会場のステージバックヤード席は、ここで申し込んで抽選になっているということ。
それまで、どうせファンクラブの方が優先的に座れるのだろうと思っていた。
当然、友人と申し込む。
この席はステージ上ということもあり、途中退席は許されず、
ライトも当たるので少々暑いらしい。
それでも、当選したら耐えてそこで見られるんだと、友人と想像を膨らます。
抽選結果がわかるまで、大阪城の方へ歩いて行くと、
ツアートラックが駐車されていた。
もちろん、ここでもファンが写真撮影。
画像

画像

画像

マッピングされているのはこの3台だけだったが、
他にも機材を積載してきたらしい関東ナンバーのトラックが、十数台止まっていた。
こんなにたくさんの機材を運んで、この大阪にやってきてくれたんだと思うと、
ちょっとじーんと来るものがあった。
たくさんの人のおかげで成り立つライブ、
それを楽しみに待つ人は、コンサート会場に入りきれないほどである。
早くから立ち見席の列に並ぶ人、当日指定席の列に並ぶ人、たくさんいた。
そんな人たちの横を通って会場へ。
(バックヤードの席ははずれてました、、、やっぱりね)
中では、このツアーを応援してくれている明治安田生命のCMが流れる。
そして、いつものように小田さんオリジナルのアニメーションが始まり、いよいよ開演。
「会いに行く」から始まり、「小田さんが会いに来てくれたんだ~。」と思いながら聴く。
テンポのいい曲、しっとりと聴かせる曲、新しい曲、おなじみの曲と、さまざまおりまぜながら小田さんの澄んだ声を聴かせてくれる。
いつものように、会場狭しとあちこち動き回る小田さん。
手を振り、何度も向きを変え、ファンの声援にこたえる。
曲と曲の合間でつぶやくように語る、小田さんの一言一言。
ポールマッカートニーのコンサートに行くと、ポールは毎回がんばって新曲を歌ってくれるらしい。
でも、こっちとしてはおなじみの曲が聴きたいんだと・・・。
それで、小田さんは、ファンおなじみの曲をたくさん聴かせてくれる。
みんなが口ずさみながら、時には熱唱しながら、会場全体でライブとなっていく。
私の好きな「秋の気配」や「君住む街へ」も歌ってくれた。
とても70歳を超えた人の声とは思えない。
6月の大阪城ホールでのライブは、残念ながら地震のために来年に延期されたので、
「漸く大阪に来れた。」と話していた。
小田さんのコンサートの定番の一つ、ご当地紀行では、大阪だけではなく、奈良や京都にまで足を運んでいた。
いつもなら大阪だけのはずなのに、大阪にはよく来るからなのか、
かえってこれが最後なのではないかと心配になる。
アンコールにもこたえてくれ、十分聴かせてくれた。
やっぱり、小田和正さんのライブはいい。
次はいつだろう?
また和歌山にも来てほしいなあ。
年齢のことを考えると、少し心配になるが、
まだまだエネルギッシュなコンサートだった。
やっぱりツアータイトルのように、
「ENCORE」したい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック